菅大臣町の家

菅大臣町の家

東南角地の目立つ敷地を活かし、街のランドマークと成るようにとデザインしました。正面のアクセント部分はガルバニュウム鋼板の鎧張りで仕上げ、戦艦のようなイメージとし住宅デザインとは一線を画す外観に仕上げました。リビング部分の天井には天然ムクの羽目板を施工し、間接照明で照らし広さと温もりのある空間を演出。寝室の一部には書斎コーナーを設け、テレワークや趣味室として利用可能。カウンター板は高級家具などに使われる銘木を使用し、高級感のある空間と成りました。

一覧へ戻る